ベルギー市長殺害の動機は父親の報復とみられる

スポンサードリンク

ベルギー市長殺害の容疑者の動機は報復か?

【9月12日 AFP】ベルギー西部にあるムスクロン(Mouscron)の市長が喉を切られて殺害された事件で、警察当局は12日、容疑者の少年(18)を逮捕したと発表した。同国に大きな衝撃をもたらした今回の事件の動機は、市の元職員だった父親が解雇されたことに対する報復だったとみられるという。

ベルギー市長の喉切り殺害、18歳少年を逮捕 父親の解雇で報復か

地元メディアによると少年の父親は市の元職員で、2015年に解雇されて自殺しており、事件はそれに対する報復とみられています。