WWN7 | 投資・時事・海外・ニュース速報

世界の芸能、スポーツ、政治、経済のニュースが丸わかり!今週話題のニュースを厳選しているので読みやすく時間もとりません。週末にはYouTubeにて今週話題のニュースを厳選して紹介しています。

FIFAワールドカップ2018年のスタジアムはロシア!

2018年FIFAワールドカップロシアのオープニングと最終戦を開催するモスクワの会場

 

MOSCOW - 2018 FIFA World Cup™ Host City - YouTube

 

FIFAワールドカップの開催地はモスクワです。

 

モスクワは、ロシア連邦の首都であり、世界で最も有名で魅力的な都市のひとつです。

 

世界最高のショッピング、ナイトライフ、レストラン、文化を紹介するダイナミックな21世紀の大都市です。

 

 

モスクワは毎年400万人以上の観光客が来る観光地です。

 

130以上の国々と1230万人の住人が住むモスクワには、3つの国際空港と世界で2番目に混雑した地下鉄システムがあります。

 

ボリショイ劇場クレムリンプーシキン美術館、トレチアコフ美術館などの美しい建築や有名な文化的名所があります。

 

クレムリンや赤い広場など3つのユネスコ世界遺産があります。

 

赤い広場にあるカラフルな聖バジル大聖堂は、モスクワとロシアの両方のシンボルです。

 

Luzhniki Stadium

 

f:id:cocayarou:20170502070439j:image

 

2018年FIFAワールドカップのスタジアムはLuzhniki Stadiumです。

 

Luzhniki Stadiumは、世界最大のスポーツ複合施設であるモスクワの145ヘクタールのオリンピック複合施設の中心に位置しています。

 

Luzhniki Stadiumは、オープニング・マッチ、準決勝、決勝で使用される2018 FIFAワールドカップトーナメントの主な会場と心臓部になります。

 

モスクワ川沿いにあり、美しい自然公園の向かいにあります。

 

壮大なモスクワ州立大学の観測エリアではスタジアムを見渡せます。

 

モスクワは歴史と魅力が溢れています。

 

 2018年ワールドカップに向けてスタジアムは改造中で、最近完了しました。

 

ピッチの芝生は、厳しいモスクワの冬から生き残れるよう自然光に代わる特別なランプによって照らされ、加熱され芝生を維持しています。

 

スタジアムのキャパシティは78,000から81,000に引き上げられました。

 

アリーナの屋根は試合を放送する巨大なスクリーンに変わりました。

 

建設と都市政策の問題を担当するモラット副市長、マラート・クスヌリン氏は、「4月に改善作業を継続する」と述べました。

 

今後は、メディア・エリア、ファンゾーン、VIPゾーン、マルチメディア機器を解体する場所など、ワールドカップの開催に必要な一時的な施設を改善する作業に入ります。 

 

ロシアのFIFAワールドカップ2018にかける本気さを感じれますね。

 

ロシアはドーピングなどの問題がありましたが、大丈夫でしょう。

Copyright © 2016 WWN'7'news All rights reserved.